English

もったいないアクション

日本の食文化の再構築​|もったいないアクション

日本の食文化の再構築​|もったいないアクション
平成25年12月に和食が世界無形文化遺産に登録され、世界で和食ブームが起きています。​
文化遺産に登録された一つの理由として、自然をコントロールするのではなく、
自然と共に共存する食文化が高く評価された点が挙げられます。​
そのような食文化を、今後何世代にもわたり残すべきものと判断されたからこそ、世界遺産として登録されたといえます。​

日本の食文化は海外にはほとんど無い一つの素晴らしい習慣があります。​
それは、「いただきます」という言葉です。​

「いただきます」の語源には、食料となるものにはすべて命が宿っており、その命を頂く、という意味が込められています。
欧米諸国、中国を含むアジアにも、食材への敬意を込めて感謝の言葉を言う文化はありませんし、
キリスト教徒が食前にお祈りする理由とは、感謝の対象が異なります。​

しかしながら、食のグローバル化により手間暇のかかる和食が家で作られる機会は減り、
家庭内で食文化を伝える機会そのものが減っている現状があります。​

もったいないアクションでは、日本の和食に代表される「自然との調和」という食文化をしっかりと伝えたいと思います。
そして、食材に感謝を込める「いただきます」という言葉を、一人でも多くの方に心を込めて言って欲しいと思います。

食品ロス・廃棄への取り組み​|信念|もったいないアクション

もったいないを世界へ|信念|もったいないアクション

日本の食文化の再構築​|信念|もったいないアクション